• MENU

会社案内

Company

トップメッセージ

代表取締役社長杉山 岳人TAKETO SUGIYAMA

エス・エルワールドは1967年の創設以来、常にお客様の使用目的に適った木質素材の提案を心掛け、ご要望にお応えしてまいりました。物流・梱包資材の供給からスタートしたわが社は現在では車両用資材、住宅資材の分野へと領域の拡大を図っております。
2017年12月に創立50周年を迎え、新たな気持ちで長い経験に培われたノウハウとネットワークを活かし、お客様の役立てるよう先進的なサービスを提案して参りたいと考えております。そのためには、お客様との常日頃のコミュニケーションを大切にし、市場の研究、信頼性の高い流通網の構築をしていく所存です。
今後も時代を先取りした商品・サービスを提供し続けることで、お客様の信頼に応えるよう努力をして参りますので、今後ともかわらずお引き立ての程よろしくお願い致します。

企業情報

概要

社名 エス・エル ワールド株式会社
所在地 〒424-0911 静岡県静岡市清水区宮加三642
TEL 054-335-5451
FAX 054-335-5456
創設 昭和42年12月13日
資本金 1億5,000万円(授権資本6億円)
従業員 44名(男子27名 女子17名)
業務内容
  1. 輸入木材・国内材・合板の販売および加
  2. 住宅パネル製造及び販売
  3. 各種パレット(木材)・梱包用木箱製造
  4. 港湾運送関連事業(清水港・田子の浦港)
    船舶資材の販売
役員 代表取締役会長/杉山 陽一
代表取締役社長/杉山 岳人
常務取締役/鈴木 雅也
常務取締役/和田 一宏
取締役/高橋 秀幸
取締役/石川 涼
監査役/三浦 恭子
事業所 横浜営業所
本社工場
清水港FAZ配送センター
関連会社 富士企業株式会社(静岡市)
ジェーアイエル株式会社(静岡市)
取引銀行 三菱UFJ銀行 清水支店
静岡銀行 清水支店
清水銀行 本店
みずほ銀行 静岡支店
商工中金 静岡支店
日本政策金融公庫 静岡支店

沿革

昭和42年 12月 杉山木材株式会社を資本金500万円にて設立
昭和43年 7月 資本金を750万円に増資
昭和45年 船舶部門(港湾運送関連事業)を創設
昭和45年 10月 資本金を1,000万円に増資
昭和49年 梱包部門を創設
昭和52年 7月 資本金を2,000万円に増資
昭和54年 4月 横浜市中区に横浜営業所を開設
昭和55年 10月 資本金を3000万円に増資
昭和57年 1月 横浜市より金沢区に工場用地を譲り受ける
昭和57年 10月 資本金を4,500万円に増資
昭和57年 12月 金沢区の工場用地に倉庫及び工場を建設
平成元年 2月 シーボード社木材専用船を清水港に入れる
平成3年 10月 資本金を6,750万円に増資
平成4年 2月 マックミランブローデル社木材専用船を清水港に入れる
平成4年 4月 社名をエス・エルワールド株式会社に変更
平成6年 4月 沼津営業所を開設

平成7年 9月 資本金を9,800万円に増資
平成8年 4月 横浜営業所を金沢区へ新築移転
アマゾニア森林保護植林協会日本事務局を開設
平成9年 1月 住宅資材販売部門を創設
平成11年 7月 2×4事業部を創設
平成13年 4月 資本金を1億5,000万円に増資
平成14年 11月 清水港FAZアイ パーク内に配送センターを開設
平成20年 7月 チリ、アラウコ社専用船を清水港に入れる
平成23年 7月 FAZ配送センターに2×4パネル工場を移設
平成25年 8月 エコアクション21認証取得

組織図

総務 産業資材事業 住宅資材事業

総務部

総務・経理・労務

総務部は、人事・採用活動業務、エコアクション21の推進など総務面、社会保険などの保険業務、福利厚生に関する業務など労務面、また、金銭上の計算・記録、入金・支払をコンピュータ処理し資金繰りを行う経理業務などを担当しており、各部と連携を取って企業活動の円滑化を目指し努力しております。

産業資材事業部

木材加工・品質管理

港湾事業並びに木箱製造で培った技術力を結集し、輸出梱包や国内物流全般の製造手配やコスト計算を行っております。また、住宅構造用、車輌架装用、梱包用など用途に合った各種合板を国内外より仕入、 安定した供給体制に努め多種多様なニーズにお応え致します。私共は、適材適所をモットーに必要とされるものの目的を第一に考え、 ローコスト・ハイクオリティーな商品作りを目指しております。

輸入製品・梱包卸売

梱包用木材(国内・輸出木箱及びパレット部材など)全般の商品を扱い、 東海・中京・甲信越の各地域ならびに一部の京浜地区へ営業展開しております。主な扱い商品は、北米(米栂・米松)、チリ・ニュージーランド(ラジアタ松)・インドネシア合板(ラワン)・中国合板(ポプラ)など世界10数カ国からの輸入材と国内材では北海道(カラ・トド松)などになります。また、輸出用木材梱包材の規制に係る国際基準No.15に対応する、 LVL・集成材・SLB等を各拠点(東京・川崎・横浜・御殿場・沼津・清水)に豊富に取り揃えております。更には、従来の輸入港である京浜港に加え清水港や名古屋港などにも積極的に輸入展開を図り拡販を推進するとともに『ジャスト・イン・タイム』を合言葉に、お客様に満足頂ける品質と供給体制を目指しております。

横浜営業所(輸入製品・梱包卸売)

日本の海外輸出の拠点である横浜港を中心に、 東京・関東地区全域の輸出梱包業者をお客様として梱包用木材・合板の営業展開をしております。
近年、めまぐるしく変化する梱包用木材の国際基準に速やかに対応するとともに、 お客様の多種多様なニーズにお応えできる商品の品揃えとご提案により共存共栄を目指し、 梱包材のパイオニアと成るべく日々努力しております。また、配送面においても2t車・4t車・大型車・トレーラーを駆使し充実した体制を整えております。

住宅資材事業部

資材建材

各種建築資材を販売しております。国産材(杉・桧)をはじめ、世界各国より本国挽(米栂・米松・アカ松・W/W)を輸入し、 フリー板・集成材・LVL等のエンジニアリングウッドや各種構造用合板(針葉樹・ラワン・OSB 他)、 新建材を扱っております。また、プレカット(構造材、 羽柄材)から内装材料まであらゆる種類の斡旋と多様化する市場ニーズにお応えする幅広い品揃えでジャスト・イン・タイムの販売体制を目指しております。

2×4パネル

ツーバイフォーの枠組みを全て工場で生産し、パネルという形で現場納入を行っております。ツーバイフォーに関わるお客様からの幅広いニーズにお応えするために、 在庫の確保はもとより構造用合板・ツーバイフォーランバーの邸別配送も対応しております。また、建築士がお客様からの要望に沿ったご提案や見積りなど迅速に対応致します。

軸組パネル

職人不足が顕在化する中で、現場での省力化を図る軸組パネル工法をいち早く立ち上げ、皆様よりご評価を頂いております。 更には、建築士のお客様からの要望に沿った、ご提案や見積りにも迅速にサポートさせて頂きます。

本社アクセス

〒424-0911 静岡県静岡市清水区宮加三642  Google map
TEL 054-335-5451/FAX 054-335-5456

各事業所アクセス

本社 〒424-0911 静岡県静岡市清水区宮加三642 
Google map
TEL 054-335-5451/FAX 054-335-5456
横浜営業所 〒236-0003 神奈川県横浜市金沢区幸浦1丁目4-5 
Google map
TEL 045-774-7791/FAX 045-774-7799
清水港FAZ配送センター 〒424-0057 静岡県静岡市清水区尾羽574-1 
Google map
TEL 054-371-6771/FAX 054-371-6772